その他の注意点

アルバイトやパートの希望者に過剰なやる気や成長などを求めてしまう内容となると、「無理にシフトを組まれてしまうのでは」、「長時間の勤務がおおくなるのでは」などといった不安を与えてしまうかも知れません。また、他社と比較してみて給与面で弱い、駅から遠いなど何か不利な点があれば、それらを補うような魅力をアピールできると印象が変わります。例えば「制服が人気」、「職場が綺麗」、「ロッカー完備」「初心者でも安心」など何か小さな事でも情報提供できることがあれば記載しておくとプラスの効果となります。また、仕事とプライベートをしっかり両立できることも強調しておいた方が良いでしょう。

誤解を生むような表現などにも注意が必要です。職業安定法においても、労働条件について平易な表現を用いて事実に即した的確な表示をするように求めています。わかりにくい文章や曖昧な表現となっていないかの確認も大切です。年齢を限定するような求人、年齢を限定するような求人、最低賃金を下回る給与の求人も法律で禁止されています。これに伴い「セールスマン」、「生保レディ」、「看護婦」などの表記がNGとなっています。

会社の特徴欄やPR欄は他社と差がつく項目です。応募者に事業内容などがイメージしやすい文面になるような工夫が必要です。ただし、ここでも過大な表現にならないよう注意が必要です。