求人方法

応募者をより多く集めて様々な人材と出会うためには、幅広い層の求職者の目に留まるような工夫や表現が重要です。求人広告の掲載先は求人誌、インターネット、ハローワークなどの公的機関があります。求人誌の中にはフリーペーパー求人誌もあります。こちらは地域ごとに記載されることが多く、比較的近くに住む人からの応募が多くなる傾向があります。フリーペーパーが置かれる地域も限定的になるので、こういった理由から交通費が抑えられる可能性があります。インターネットの場合は対称的に全国に情報が発信されます。インターネットでは気軽に申し込みができるので、人材の質にばらつきが出る可能性が出てきます。同時に優秀な人材が集まりやすいのも特徴です。年齢層は若い人材が集まりやすいとも言えます。ハローワークによる求人では、比較的高齢者の申し込み率が高くなっています。

各媒体の特徴や傾向を活かして、文面なども工夫して下さい。

あまりコストをかけたくない場合には、採用費用もかからない完全無料の求人サイトもあります。企業登録やログインも不必要なところもあります。無料のサイトではスマートフォンによる表示ができるところとできないところがあります。

実際に求人情報を載せるにあたって、いくつかのポイントや注意すべき点があります。このサイトではこれらのポイントや注意点について説明します。貴社へのリンク掲載もできるサイトがあり、非常に役立つサイトが多くあるので比較検討してみて下さい。