パート・アルバイト

パートやアルバイトとして働きたいと考えている人の多くは、空いている時間帯を上手く活用したいと考えています。そのため、短い勤務時間を提示することで応募者が増えることが望めます。また、勤務日数や曜日なども柔軟に対応する旨を記せば、自分にも応募資格があると考える人が増えます。一方で、十分に働く時間があり、それなりに稼ぎたいと考えている人にとっては、上記のような条件だけでは収入が増えないと考え、敬遠することが考えられます。それぞれの立場を考慮したうえで掲載情報を見直す必要が出てきます。勤務時間や勤務日数、時給に加えて例えば「慣れたらしっかり稼ぎたい方、たくさん働きたい方もご相談ください」と一言加えるだけでアピール力が変わってきます。

求職者の属性ごとにスケジュール等を想定することも大切です。高校生であれば夜遅くまで働くのは無理です。また、バイトの経験も少ないので「丁寧に教えます」や「マナーが身につきます」などの一言は有効になります。主婦(主夫)の場合、「ゆっくり出勤午前10時から」や「午後だけでもOK」などの条件があれば応募しやすいでしょう。ミニメイドのような家事代行サービスであれば比較的勤務形態が柔軟な傾向にあり、家事スキルも活かせるのでいいかもしれません。

【勤務時間】
9:30~12:00/13:00~16:00
※週1.5日~OK!
※週3回~午前中のみ、午後のみなどOK!
※出勤曜日は固定

大学生なら「夏休み、冬休み期間のみでもOK」や「曜日・時間相談可」という条件などがあると大きなアピールとなります。

求人方法

応募者をより多く集めて様々な人材と出会うためには、幅広い層の求職者の目に留まるような工夫や表現が重要です。求人広告の掲載先は求人誌、インターネット、ハローワークなどの公的機関があります。求人誌の中にはフリーペーパー求人誌もあります。こちらは地域ごとに記載されることが多く、比較的近くに住む人からの応募が多くなる傾向があります。フリーペーパーが置かれる地域も限定的になるので、こういった理由から交通費が抑えられる可能性があります。インターネットの場合は対称的に全国に情報が発信されます。インターネットでは気軽に申し込みができるので、人材の質にばらつきが出る可能性が出てきます。同時に優秀な人材が集まりやすいのも特徴です。年齢層は若い人材が集まりやすいとも言えます。ハローワークによる求人では、比較的高齢者の申し込み率が高くなっています。

各媒体の特徴や傾向を活かして、文面なども工夫して下さい。

あまりコストをかけたくない場合には、採用費用もかからない完全無料の求人サイトもあります。企業登録やログインも不必要なところもあります。無料のサイトではスマートフォンによる表示ができるところとできないところがあります。

実際に求人情報を載せるにあたって、いくつかのポイントや注意すべき点があります。このサイトではこれらのポイントや注意点について説明します。貴社へのリンク掲載もできるサイトがあり、非常に役立つサイトが多くあるので比較検討してみて下さい。